スポンサーリンク

キャンプでの虫対策。予防と処置の道具は夏の必需品

管理人のヒキです。 

今日はキャンプツーリングの時の 
虫対策について 
お話をしたいと思います。 

夏のアウトドアは蚊が多くないか? 
刺された場合はどうするか? 

そんな疑問はありませんか? 


まず結論から言うと虫対策は 
事前の予防と刺されたあとの処置の 
両方を考えておきます。 


それぞれに必要な物などを 
順番にあげていきますね。 

まずは予防から。 


虫対策の基本は 
刺されないようにすることです。 

そのために使える物は 
主に二つ。 

虫除けスプレーと 
蚊取り線香です。 

電気式の蚊取りも含めれば 
多くの人が日常的に 
使っているのではないでしょうか? 

特別な対策ではないんです。 


どちらが良いかは好みになりますが 
併用するとより効果的です。 


僕は蚊取り線香のほうが好きなので 
そちらを使っています。 

理由としては有効時間が 
見て分かるからです。 

蚊取り線香は燃え残っていれば 
まだ効いていますよね。 

虫除けスプレーは 
いつ効果が終わるのか分かりません。 

マメに塗り直せば 
問題ないのでしょうけどね。 

キャンプの夜はそんなことに 
気が回らなくなったりもします。 

刺されれば嫌でも気づきますが。 

お酒を飲む人は 
目で見て分かるほうが 
忘れなくてイイですよ。 


虫除けスプレーは人に使うだけでなく 
物に使う方法もあります。 

テントに吹きかけておくと 
中に進入されるリスクが減ります。 

特に入り口。 

地面からくる虫も 
少ない気がします。 

あくまで気がするだけで 
本当に効いているのかは 
分かりませんが。 

虫除けスプレーの説明にも 
効果がある虫全てが 
書いてあるわけではないですからね。 


効果がないと言えば 
蚊取り線香も効かない虫がいます。 

ブヨは効かないようです。 

そんなときに使えるのが 
森林香という商品。 

蚊取り線香が強力になった商品だと 
思って下さい。 


以前キャンプ場で一緒になった人が 
使っていました。 

森林香の効果なのかは分かりませんが 
その晩は虫に刺されませんでしたよ。 

蚊取り線香よりも 
値段が高いのが欠点ですが。

スポンサーリンク

次は対処法です。 

虫除け対策をしていても 
刺されることもあります。 

そもそも蚊以外にも 
刺してくる虫はいますからね。 

そんなときに役に立つのが 
虫さされに効く薬。 

一個は持っておいたほうが 
何かと安心です。 


でも、それ以上に 
効果的な道具があります。 

ポイズンリムーバーです。 
ポイズンリムーバー

名前の通り 
毒を吸いだす器具です。 

注射器の逆と言えば 
効果が分かりやすいでしょうか? 

ハチや毒がある虫に刺されたときに 
使用する器具なんです。 

が、蚊に刺されたときも効きます。 

薬よりも即効性があって 
かゆみが再発することもありません。 

僕は気に入っているので 
家でも普通に使ってます。 

本来は使い捨ての道具ですから 
正しい使い方ではないのでしょうけど。 


正しい使い方と言えば 
他人と共用するのはやめた方が良いです。 

仕組み上、血を吸い出すこともあります。 

傷口ですから他人の血がついたりすれば 
色々と危険です。 

蚊に刺された程度では血は出ませんが 
本人限定にしておきましょう。 


ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 

キャンプの時の虫対策について 
お話ししてきました。 

まとめてみると 

蚊取り線香や虫除けスプレーを使って 
予防することが基本。 

それでも刺されることがあるので 
薬も用意する。 

ポイズンリムーバーは蚊にも効く。 


夏のアウトドアは 
虫が必ずいます。 

刺す虫かどうかは別として。 

気持ち悪いだけなら実害はないですが 
スズメバチなどは刺されたら 
命に関わることもあります。 

そんなときのためにも 
ポイズンリムーバーはおすすめです。 

小さな物ですからバイクツーリングでも 
邪魔にはなりませんよ。 


最後に僕の経験をお話ししますね。 

初めてのキャンプツーリングの時は 
虫対策まで頭が回りませんでした。 

何も持たずに行きましたよ。 

当然のことですが最初の夜は 
蚊の襲撃に悩まされました。 

テントから外に 
出られる状態ではなかったです。 

次の日は真っ先に蚊取り線香と 
虫さされの薬を買いました。 


そんな状態から使い始めた蚊取り線香。 
ずいぶんお世話になりました。 

蚊取り線香はテントの周りに 
何カ所か置いておくと 
蚊が近寄ってきません。 

一つは自分のイスの下。 

ここが一番よい場所です。 

自分に対する効果も高いし 
蹴ったりすることもありません。 

腰にぶら下げられるケースに入れて 
イスに座るときは下に置くんです。 

洗い場やトイレに移動するときは 
手で持つか身につける。 

こうやって使っていました。 


「いちいち外さすにずっと腰に 
ぶら下げておけばよいのでは?」 


と思われるかもしれません。 

外す理由は意外に熱いんです。 
火が点いていますからね。 

寒い時期なら暖かいかもしれませんが 
そんな時期は蚊もいなくなっています。 


何もない状態から始めたキャンプですが 
その後少しずつ知識もついて 
ポイズンリムーバーも知りました。 

使ってみると便利な道具。 
今では夏の必需品です。 


実はそれと同じ事が 
道具なしでもできるんです。 

蚊に刺されたら口で吸い出すと 
かゆみは治まります。 

衛生面で問題ありそうですけどね。 
やるときは自己責任でお願いします。 

何も持っていないときに 
蚊に刺されたらやっています。 

口が届く場所限定ですけど。 


最近はデング熱など 
蚊が媒介する病気も出てきました。 

病気にならなくても 
かゆくてよく眠れなかったりします。 

睡眠不足は翌日の走りにも影響します。 

虫対策もしっかりして 
楽しいキャンプツーリングにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする