バイクの本

バイクの本とひとくくりに言っても
内容は色々なジャンルがあります。

ツーリングのことはもちろん
メンテナンスやライディングテクニック。

レースにカスタム、交通法規など
様々な本が発売されています。

内容だけでなく媒体としても
雑誌、マンガ、書籍、小説、写真集など
選択肢は豊富です。

このカテゴリーでは自分で買った本を
レビューをしてみようと思っています。

雑誌と漫画がメインですが
バイクに乗れない日のお供にどうぞ。

バイクの本

バイク擬人化菌書は優しい漫画。愛車を大切にしたくなる。

バイク擬人化菌書。タイトルだけだとよく分からないマンガですね。女性化した愛車とオーナーを、4コマで面白おかしく描いたストーリー。そんな1冊です。恋人同士のような設定が多いですから、愛を感じられるお話。作者鈴木秀吉の優しい漫画がバイク擬人化菌書です。
バイクの本

カブのイサキは飛行機マンガ?バイクとの共通点もある?

カブのイサキはバイクマンガと言えるのでしょうか?作中に登場するのは飛行機がメイン。世界が10倍の広さになると、交通手段も今と変わります。それでも移動だけでなく、趣味としての乗り物が好きな人は居るでしょう。カブのイサキを読んでそんな感想を持ちました。
バイクの本

げんつきは女子校生ライダーがツーリングを楽しむ漫画

げんつきは女子校生ライダーの日常を描いた漫画です。実在の地域をツーリング。単行本だとルートを描いた地図も載っていますから、読んだ後に行ってみることもできます。身近だけどあまり知らない場所。自分が住む街も、げんつきを読むと再発見してみたくなりますよ。
バイクの本

Motoジムは運転技術の教科書。知識を覚えたら後は実践

MotoジムはもともとWeb漫画。ネット上で無料で読むこともできます。ただし紙媒体の本として有料ですから情報量は増加。扱いはおまけコーナーですが、本編よりも有意義だと思っています。ジムカーナに興味が無くてもライダーならMotoジムはおすすめですよ。
バイクの本

ヨコハマ買い出し紀行は穏やかな世界。のんびり走ってみたい

ヨコハマ買い出し紀行は穏やかな時が流れるSFです。未来の日本と思われる場所。世界が終末に向かっていく、静かでもの悲しい気配。そんな空気感のある日常生活が描かれています。バイク漫画とは言えませんが、ヨコハマ買い出し紀行はツーリング好きにおすすめです。