バイクの本

バイクの本とひとくくりに言っても
内容は色々なジャンルがあります。

ツーリングのことはもちろん
メンテナンスやライディングテクニック。

レースにカスタム、交通法規など
様々な本が発売されています。

内容だけでなく媒体としても
雑誌、マンガ、書籍、小説、写真集など
選択肢は豊富です。

このカテゴリーでは自分で買った本を
レビューをしてみようと思っています。

雑誌と漫画がメインですが
バイクに乗れない日のお供にどうぞ。

バイクの本

わんおふは少女の成長物語。バイクと一緒に踏み出す未来

わんおふは女子高生が主人公の漫画です。バイク通学ができる高校に通う田舎の少女達。そこに現れたオーストラリア人のツーリングライダー。変わらなかった日常に変化が訪れ、戸惑いながらも受け入れていく。そんな成長物語が描かれているのが「わんおふ」です。
バイクの本

終末ツーリングは理想のバイク旅?廃墟を巡るロードムービー

終末ツーリングは、女子高生風の二人がバイク旅をする物語です。これだけを聞けばごく普通に感じますよね。でも走る街は滅んでいます。人が居なくなり、植物、動物が繁殖した廃墟。有名なランドマークも崩れ落ちている、終末ツーリングの世界を楽しみましょう。
バイクの本

モトツーリングは雑誌が売れない時代の貴重な生き残り

モトツーリングは今では希少な旅系バイク雑誌。変化が少ないジャンルですから飽きられやすいのは宿命。定番とマンネリ。良くも悪くも言うことができます。とは言え10年単位の長い目で見れば、技術の進歩などもあり変わっています。そんなモトツーリングの紹介です。
バイクの本

二輪旧車再生マニュアルはマニア向け?一般人には無意味?

二輪旧車再生マニュアルはマニア向けの本なのでしょうか?古いバイクに興味が無ければ、レストアなんてやらないですよね。とは言え新車で買っても数年で、当初の輝きは失われていきます。理由と対処法など、二輪旧車再生マニュアルはメンテナンスにも役立ちますよ。
バイクの本

それ行け!!珍バイクは限界を超えた過積載。溢れ出る生命力

それ行け!!珍バイクは写真集です。日本の常識を越える過積載が撮影されています。SNSで映えることを狙ったわけではなく、あくまで日常の風景。原付が生活の道具として使われています。日本にはなくなった活力。それ行け!!珍バイクは一見の価値がありますよ。