バイクの本

バイクの本とひとくくりに言っても
内容は色々なジャンルがあります。

ツーリングのことはもちろん
メンテナンスやライディングテクニック。

レースにカスタム、交通法規など
様々な本が発売されています。

内容だけでなく媒体としても
雑誌、マンガ、書籍、小説、写真集など
選択肢は豊富です。

このカテゴリーでは自分で買った本を
レビューをしてみようと思っています。

雑誌と漫画がメインですが
バイクに乗れない日のお供にどうぞ。

バイクの本

カスタム虎の穴はバイクの基本が良く分かる。ライダー必読の本

カスタム虎の穴はライダーなら読んでおきたい本です。バイク各部の役割を漫画で分かりやすく説明してあります。いじることに興味がないと、ノーマルで乗るから関係ないと思ってしまう残念なタイトル。カスタム虎の穴は教習所で配布して欲しいくらい役立ちますよ。
バイクの本

ジャジャはバイク漫画の隠れた人気作。知識が無くても楽しめる

ジャジャはバイク漫画の中だと長期連載されています。旧車の外車をレストアすると言うマニアックなジャンルですが、それだけではありません。レースなども含めて、幅広い内容が描かれています。恋愛要素もありますから、ジャジャはバイク漫画以外の楽しみもできます。
バイクの本

My Favorite BIKEは王道のバイクマンガ

My Favorite BIKEは山口かつみの短編集漫画。性別も年代も違う主人公。それぞれの立場からバイクにかかわります。楽しい時もあれば悲しみも。全員が違う人生ですが、共通してそばにある乗り物。My Favorite BIKEはそんなマンガです。
バイクの本

ばくおんはバイク漫画の人気作。批判もあるが長期連載。

ばくおんはバイク漫画の中で人気作品です。内容的に好き嫌いは分かれますが、長く連載されているのも事実です。つまらないストーリーなら、すぐに打ち切りになってしまいますよね。どんなところで賛否が分かれるのか。ばくおんをバイク乗りとしてレビューしてみます。
バイクの本

バイクツーリングの本ならOut Rider。復活希望の雑誌

バイクツーリングの本も最近は色々出版されています。そんな中でも長く続いていたのが「Out Rider」。諸事情により休刊になってしまいましたが、個人的には好きな雑誌でした。知識をつけるのにお世話になった、バイクツーリングの本の思い出を語ってみます。