スポンサーリンク

バイクの車載工具で最低限必要な物。出先のトラブルに備える

管理人のヒキです。
今日はバイクの車載工具で最低限必要な物についてお話をしたいと思います。

「バイクのメンテナンスなんてできないよ」

と言う人の対応方法についてもお伝えしていきます。

まず結論から言うと、最低限必要な車載工具は最初から分かっています。
バイクに元から付属していますからね。

もちろん付属品だけで問題ないなら
わざわざ記事を書かないです(笑)

これから詳しく書いていきます。

車載工具で悩む人はあまり自分のバイクをいじらない人だと思います。

日頃からいじっている人なら
必要な工具が自然と分かりますからね。

だからまずやる事は、付属の車載工具と同じ物を
より精度の良い物に交換する事です。

工具の精度に関しては別記事で書きますが
付属品は信用できないと思って間違いないですよ。

バイクメーカーも工具にコストをかけるより
他のところにかけるでしょうし。

色々な意味で最低限の物が付属しているのでしょうね。

精度はダメでも必要なサイズの参考にはなります。

基本的なボルトのサイズが分かるので
買い換える時の参考になります。

極端に大きいサイズなどは
割り切ってそのままでも良いかもしれません。

滅多に使う事はないでしょうし
買い換えると恐らく大きくなってしまいます。

大きなサイズはほとんどの場合リアアクスルナット。
リアタイヤを止めるナットの事です。

チェーン調整をする時くらいしか
普通の人は使いません。

そのサイズの工具を買おうとすると
バイクに積むにはかなり大きいと思います。

純正品はハンドルを継ぎ足して使う構造になっていたりして
市販品に比べて小さくなるんです。

チェーン調整は出かける前にしっかりやっておけば
普通のツーリングなら出先でやる必要はありません。

無くても良いくらいですから
純正品をそのまま入れておくだけでも良いと思います。

日本一周で何千キロと走るような人などは別ですよ(笑)

例外的に使える物がプラグレンチです。
車種によっては専用工具のように使いやすいです。

固く締まっているような部品でもないですし
プラグレンチもそのままで良いと思います。

以上の二つはそのままで
残りを買い換えると良いのではないでしょうか。

残りは

・ドライバー
・8~14ミリあたりののスパナ
・プライヤー

と言ったところでしょう。

17~19ミリあたりは入っているとしたら
悩ましいサイズです。

予算、使用頻度、自分のメンテナンスの知識や経験で考えて
判断してみて下さい。

「買い換えると言ってもどれが良いか分からない」
と言う人に簡単な選び方を教えますね。

JISマークが付いた工具を選んで下さい。

JISは日本工業規格です。

国の認証制度ですから通常の使用なら
必要十分な品質があります。

ホームセンターなどには格安のセット品もありますが
それだと車載の付属品と変わらない程度です。

それよりは少しだけ高いですけど
JISマークの付いた物がおすすめですよ。

値段が跳ね上がるブランド品もありますけどね。
予算が許すならそんな選択肢もあります。

上で書いた買い換え候補の
ドライバーはそのまま買い換えて貰えば大丈夫です。

スパナはコンビネーションレンチにした方が
何かと便利ですよ。

コンビネーションレンチは片側がスパナで
反対側が同サイズのメガネレンチになっている物です。

プライヤーはロッキングプライヤーが便利です。
特にオフ車に乗って林道に行く人は必需品ですよ。

ロッキングプライヤーは物を掴んだ状態で固定できるんです。

立ちゴケや転倒などで
クラッチやブレーキのレバーが折れてしまった時に
代用する事もできたりします。

純正品をグレードアップしたら
それに汎用性の高い物を追加しておきましょう。

ビニールテープと結束バンド。
小さくて場所も取らない便利品です。

ビニールテープは物を固定するだけでなく絶縁もできるので
電機系のトラブルにも対応できますよ。

粘着力の強さから言えばガムテープも便利ですが
大きいのが欠点です。

結束バンドとビニールテープが併用できれば
ガムテープに負けない力で固定できます。

このくっつけるという作業は
意外と汎用性があるんですよ。

最低限これくらい持っていれば
今までなんとかなってきました。

もう一つ最初に書いた

「バイクのメンテナンスなんてできないよ」

と言う人の対応方法です。

素直にロードサービスに頼りましょう(笑)

真面目な話、そう割り切るのも有りだと思います。

そうすれば車載工具を省いて
バイクや荷物を軽量化する事もできます。

確率的にはマシントラブルになる可能性は低いですし
部品がなければどうにもならない場合も多いです。

だったらロードサービスを手厚くしておく方法もあります。

多くの場合任意保険付属のロードサービスがありますから
その内容をよく確認しておきましょう。

必要に応じてJAFも追加するなど
ロードサービスを充実させておけばどうにかなります。

レッドバロンもロードサービスは充実していますよ。
会員制ですからバイクを買った人以外は
事前に会員登録が必要ですけどね。

車載工具を最低限の範囲でも充実させるか。
ロードサービスに頼るか。

どちらの方法も有りだと思います。

日頃から自分でメンテナンスをしているかなどで
知識や経験も人によって違います。

自分にはどちらが合っているかをよく考えて
万一の事態に備えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする