当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

スポンサーリンク

バイクを買うときに悩む?時期やタイミング、どこが良いか

この記事は約 14 分で読めます。

買い換えは嬉しくもあり寂しくもあります。
管理人のヒキです。 
 
今日はバイクを買うときに 
迷うことについて 
お話をしたいと思います。 
 
バイクを買うと決めるまでに 
考えることはいろいろあります。 
 
特に初めて買うときは 
心配になることも多いでしょう。 
 
個人的な経験になりますが 
バイクを買いたいけど迷っている人に 
聞かれたことが多いのは以下の3つ。 

・新車と中古車どちらにするか。 
 
・買うタイミングはいつが良いか。 
 
・買うならどこのお店が良いか?

 
これらのことに 
絶対正しい答えはありません。 
 
それを踏まえて僕の考えを 
順番にお伝えしていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクを買いたい!

新車と中古車

新車と中古車で悩むと言っても 
大きく分けて二つの場合があります。 
 
・絶版になった欲しい車種がある。 
 
・現行車種が安く買える。 
 
新車と中古車の悩みでも 
この二つは違います。 
 
 
簡単なのは後者。 
 
現行車種が安く買えるからと探すなら 
中古車を買いましょう。 
 
 
予算は現実的な問題。 
 
初期費用を抑えたいから 
中古も検討しているはずです。 
 
バイクは買ったら終わりでは無く 
維持費もかかります。 
 
車両を無理して買ったけれど 
ガソリン代も無い。 
 
これでは乗れませんよね。 
 
予算の問題が無いなら 
現行車種の中古は考えないでしょう。 
 
それなら中古一択です。 
 
 
悩ましいのは絶版車が欲しい場合。 
 
この場合は価格を考えなかったら 
どちらが欲しいかを考えましょう。 
 
それでも決め手が無いなら 
現行の新車をおすすめします。 
 
 
一般的に中古のバイクは 
維持費がかかります。 
 
少しでも走行しているなら 
消耗品は減っていますよね。 
 
タイヤなどの分かりやすい 
消耗品だけではありません。 
 
各所のベアリングやエンジン内部など 
見えない場所も含めてです。 
 
素材の経年劣化だってあります。 
 
新車を買うより 
手間もお金もかかるでしょう。 
 
 
もちろん車両ごとに 
程度の差はありますが 
新車と比較をすれば必ず劣化しています。 
 
極論ですが登録しただけの未使用車でも 
経年劣化は進んでいますから。 
 
どちらを買うか決め手が無い。 
 
それならば新車がおすすめです。

買う時期

買う時期はいつが良いかは 
冬をどう考えるかです。 
 
よく言われるのは冬は乗る人が減るので 
販売価格が安くなると言うこと。 
 
 
真偽のほどは知りませんが。 
 
 
もっともらしく聞こえますが 
僕はバイク屋の経営をしていないので 
分からないです。 
 
お店で同一車種の価格を 
年間通して調べたことはありません。 
 
 
ネットオークションだと季節に関係なく 
相場があったりしますし。 
 
・冬だから価格が下がるのか? 
 
・春に新車が出るから下がるのか? 
 
・そもそも本当に下がるのか? 
 
これに関しては分かりません。 
 
分かりませんが仮に相場が下がっても 
数万円の違いでしょう。 
 
 
冬だから10万円安くなる。 
 
 
そんなことはありませんよね。 
 
仮に1万円安くなるとして 
それまで何ヶ月待ちますか? 
 
 
安くなるのを待っているのは 
機会損失でもあります。 
 
春に欲しくなったけど 
安くなるかもしれないから冬まで待つ。 
 
それも悪くありませんがその年の 
春、夏、秋はバイクに乗れません。 
 
 
安くなる金額にその価値があるか。 
 
それをよく考えましょう。 
 
個人的には欲しくなった時が 
買い時だと思っています。 
 
 
とは言え冬は別の問題もあります。 
 
・積雪がある地域か。 
 
これも重要な判断基準です。 
 
 
積雪があれば 
普通のバイクは乗れません。 
 
買っても乗れないのなら 
暖かくなるまで待ったほうが 
良いですよね。 
 
積雪が無くても寒いと乗らないのなら 
春まで待ちましょう。

買うならどこ?

買うならどこの店が良いかも 
聞かれることが多いです。 
 
簡単に言えばチェーン店か個人店。 
 
もちろんそれぞれ一長一短がありますが。 
 
 
初めて買うなら 
家から近い店がおすすめです。 
 
 
今はネットを使えば 
県外のお店の情報も分かります。 
 
数百km離れたお店からも 
買うことはできます。 
 
お金さえ出せば自宅まで 
運んでくれる業者もありますから。 
 
問題はトラブル発生時。 
 
お店によっては購入者以外 
見てくれないお店もあります。 
 
 
国産車ならメーカー系列の 
正規ディーラーがありますから 
そこで見てもらえるとは思いますが。 
 
外車だとそうもいきません。 
 
購入店以外は頼れない場合も 
ありますから 
最初は近所のお店がおすすめです。 
 
ネットオークションの個人売買などは 
自分でメンテナンスができないなら 
やめておくほうが無難ですよ。

まとめ

ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 
 
バイクを買うときに迷うことが多い 
疑問についてお話ししてきました。 
 
簡単にまとめると 

・予算の都合なら中古車を買う。 
 
・絶版車と新車なら新車がおすすめ。 
 
・買うタイミングは欲しくなったとき。 
 
・近所のお店が安心。

 
極端な言い方になりますが 
今回の悩みには共通点があります。 
 
お金の問題。 
 
新車と中古車で悩むのも 
時期やお店で悩むのも 
安く済ませたいという思いがあるから。 
 
予算に上限が無いなら 
好きなバイクを好きなときに 
近所で買えば悩みはありません。 
 
でもそれができる人は 
あまりいませんよね。 
 
現実的な対処方法として 
まずは予算を決める。 
 
その中で好きなバイクを買って 
維持できる方法を考える。 
 
どちらが良いかで迷ったら 
 
・好きなのはどっちか? 
 
・それは予算内でどうにかなるか? 
 
こう考えていくしかありません。 
 
 
自分でメンテナンスができるなら 
維持費も安く済むようになります。 
 
でも最初からは無理です。 
 
知識だけでなく工具も無いですよね。 
 
工具を買いそろえるのだって 
お金はかかります。 
 
 
まずはバイク屋がやっているのを見て 
やり方を覚える。 
 
オイル交換やチェーン調整など 
簡単にできそうなことから 
自分で挑戦してみる。 
 
こうやってできることを増やしていけば 
個人売買などにも手を出せます。 
 
車両価格だけを考えるなら 
ネットオークションは安いですからね。 
 
 
悩みの原因はほとんどの場合予算の都合。 
 
自分の中で優先順位を付けて 
楽しくバイクに乗りましょう。

管理人の体験談

最後に僕の経験をお話ししますね。 
 
趣味でやることで 
妥協した選択はあまりしません。 
 
予算的に無理なら諦める。 
 
代替品を探すよりこっちでやっています。 
 
 
妥協して買っても 
「本当は別の物が欲しかった。」 
 
この思いが残ってしまう性格なので。 
 
 
だからこそ買った物は大事にしています。 
 
好きで買った物ですから。 
 
 
新品で買えなくて 
中古を待つこともあります。 
 
年数が経過したら要らないと思うなら 
新品で買わなくて正解ですし。 
 
新品、中古にはあまりこだわらず 
好きになった物を買っています。 
 
だから未だに2ストの 
オフ車やスクーターを 
持っているわけです。 
 
メーカーが倒産して純正部品が買えない 
海外製スクーターも乗っています。 
 
メンテナンスが楽しくない人は 
手を出さないほうが良い車種ですね。 
 
 
新車を買うなら色々考えますが。 
 
絶版になった車種が本当に欲しいなら 
迷うのは買うか買わないかだけ。 
 
中古の出会いは一期一会ですから 
遠方でも関係ありません。 
 
自分で手間暇をかけてまで 
乗る覚悟があるか。 
 
結局はそれだけです。 
 
 
好きなバイクに楽しく乗る。 
 
それを最優先に考えて 
色々と決めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイクの基本知識
ヒキをフォローする
遊風輪 バイクツーリングを楽しい遊びの時間にしよう