当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

スポンサーリンク

バイクのバッテリーは中国製でも大丈夫?発火の心配はある?

この記事は約 13 分で読めます。

古河とGSユアサには頑張って欲しいです。
管理人のヒキです。 
 
今日は中国製のバッテリーについて 
お話をしたいと思います。 
 
ネット通販を探すと見つかる 
格安の中国製バッテリー。 
 
価格は魅力ですが 
低評価の口コミも多いです。 
 
問題なく使えるのでしょうか? 

まず結論から言うと 
製造国だけで評価はできません。

 
日本企業が品質管理をして 
中国で作る場合もありますから。 
 
とは言え個人的に 
信用はしていません。 
 
信用していない理由や 
トラブル事例を 
順番にお伝えしていきますね。 
 
その前に注意事項を一つ。 
 
今回の記事はあくまで僕個人の 
考えや体験を伝えるだけです。 
 
全ての製品に当てはまるわけでは 
無いことをご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国製バッテリーでも大丈夫?

信用していない理由

中国製バッテリーを信用していないと 
お伝えしました。 
 
信用はしていませんが 
実際にいくつも使っています。 
 
いくつも使っていますが 
少なくとも電気的なトラブルは 
起きたことがありません。 
 
トラブルも無いのに 
信用していない理由は何かと言うと。 
 
 
プロの意見だからです。 
 
 
バイク屋とバイクメーカー。 
 
どちらも中国製を 
良いとは思っていないようです。

バイク屋の意見

バイク屋でははっきり言っていました。 
 
格安の中華バッテリーは 
トラブルが多いと。 
 
 
僕が個人で見ている個数と 
バイク屋が仕事で見ている個数。 
 
どう考えてもバイク屋のほうが 
多いですよね。 
 
 
しかも言われたのは 
整備完了後に雑談しているとき。 
 
これがバッテリー交換を 
依頼するときなら 
話半分に聞いたかもしれません。 
 
国産の方が値段が高いですから 
お店の利益になりますし。 
 
そんな商売の話を抜きにして 
中華バッテリーはやめたほうが良いと 
言っていました。

純正部品に採用されない

もう一つのプロはバイクメーカー。 
 
国内4メーカーを 
全て確認したわけでは無いですが。 
 
純正指定のバッテリーメーカーは 
GSユアサか古河でしょう。
古河とGSユアサには頑張って欲しいです。
 
 
同じ品質ならコストダウンをしたいのが 
バイクメーカー。 
 
それなのに中華バッテリーは使わない。 
 
理由を普通に考えれば 
品質基準を満たさないからでしょう。 
 
価格は安くても 
品質に問題があるから使わない。 
 
そう言う判断だと思っています。 
 
もちろん僕の判断なだけで 
公式発表では無いですけどね。

トラブル事例

トラブルになったことも 
一度だけあります。 
 
とは言え電気的なことではありません。 
 
MFバッテリーが液漏れしました。 
 
交換したのは横置きのバッテリー。
バッテリーを横置きで使います。
 
交換した直後は問題なかったのですが。 
 
翌週見たら何か垂れたようなあと。
バッテリー液が漏れました。
 
リアサスも濡れていたので 
オイル漏れかと思ったのですが。 
 
画像のようにカバーの塗装自体が 
やられていました。 
 
サスのさらに上に 
バッテリーがあります。 
 
もしかしてと思って確認したら 
濡れていました。 
 
 
取り出して逆さにしても 
垂れてくるようなことはありません。 
 
染み出してくるような漏れかたで 
1週間かけて漏れたのでしょう。 
 
 
ちょうど使いかけの 
コーキングがあったので 
試しに隙間を処理。
フタの隙間を埋めました。
 
乾燥後、横に倒して1週間放置。 
 
漏れもなく、電圧も正常だったので 
使い続けました。 
 
 
フタの精度が良くなかったのでしょう。 
 
電気的では無く 
機械的(?)なトラブルがあるとは 
思ってもいませんでした。 
 
 
後日談があります。 
 
その後説明書をよく読んだら 
倒して使わないことと書いてありました。 
 
結果的には僕の使い方が 
悪かったことになります。 
 
 
MFバッテリーなのに 
倒して使えない。 
 
 
こんなバッテリーもあるのかと 
勉強になりましたよ。 
 
今後横置きの場合は 
国産を使うことに決めました。 
 
バッテリーが横置きの車種は 
少ないと思いますが 
こんな注意点もありますよ。

まとめ

ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 
 
中国製バッテリーについて 
お話ししてきました。 
 
簡単にまとめると 

・電気的なトラブルは経験していないが 
信用はしていない。 
 
・横置きで使う車種は要注意。

 
かつては安かろう悪かろうの 
代名詞だった中国製。 
 
現在は技術力も上がり 
全てがダメなわけではありません。 
 
日本の大手企業が品質管理をして 
製造は中国なんてことも 
普通にありますからね。 
 
 
とは言え粗悪品があることも事実。 
 
モバイルバッテリーでは 
発火の事故も 
時々ニュースになっています。 
 
モバイルバッテリーは 
リチウムイオン電池。 
 
バイクのバッテリーとは違いますが 
使い方次第で発火の危険があるのは同じ。 
 
 
安く売っているのは嬉しいですが 
安すぎても怖くなる。 
 
僕も含めてこんな人が多いと思います。 
 
 
中華バッテリーを使うときは 
どこまでリスクを許容できるか。 
 
これで決めるしか無いでしょう。 
 
寿命が短いだけなら 
買い換え頻度で対応できますし。 
 
 
極端な話、毎年買い換えるつもりなら 
寿命は気にならないでしょう。 
 
国産との価格差によっては 
そんな使い方だってできます。 
 
 
問題はそれ以外のトラブル。 
 
 
電気的にどんなトラブルが起こるかは 
なんとも言えません。 
 
昔のバイクなら 
あまり関係ありませんが。 
 
最新のバイクは電子制御も満載。 
 
バッテリーの異常で 
電子制御に異常がでるかもしれません。 
 
そういうことも考えて 
バッテリーを選びましょう。

管理人の体験談

最後に僕の経験をお話ししますね。 
 
リスクがあるのは承知で 
中国製のバッテリーも使っています。 
 
僕の選択基準は 
キャブレターのキック付きは 
中華バッテリー。 
 
要は古いキック付きバイク。 
 
電子制御も無いですし 
セルが回らなくても 
キックでエンジンがかかる。 
 
こう考えています。 
 
 
近場しか乗らない 
通勤用スクーターも中国製。 
 
これはロードサービスが 
無料の範囲だからです。 
 
何かあったときでも 
無料で運べるので。 
 
 
悩ましいのがモンキー50。 
 
買ってから一度も交換していないので 
まだ国産なのですが。 
 
使用頻度が少ないし始動はキック。 
 
中華バッテリーを買いたいところですが。 
 
 
インジェクションで 
バッテリーは横置き。 
 
 
電子制御と言うほどでは無いですが 
キャブ車よりは電気が重要。 
 
バッテリーの横置きは 
液漏れで痛い目に遭ってますし。 
 
 
車両購入から5年。 
 
新車登録から8年。 
 
 
中古車両なので正確に分かりませんが 
5~8年使っているバッテリー。 
 
使えるだけ使おうと考えています。 
 
 
国産バッテリーがもっと安ければ 
悩まないのですけどね。 
 
 
数が出ないから高くなる。 
 
高くなるから売れない。 
 
 
この悪循環があるのは分かります。 
 
国内企業を応援したい気持ちもあるので 
国産を買いたいのですけど。 
 
お財布とよく相談して 
どうするか決めようと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイクの基本知識
ヒキをフォローする
遊風輪 バイクツーリングを楽しい遊びの時間にしよう