当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

スポンサーリンク

バイクでマフラー交換のメリットは?見た目と音以外も考える

この記事は約 13 分で読めます。

社外マフラーは見た目がイイですよね。
管理人のヒキです。 
 
今日はマフラー交換のメリットについて 
お話をしたいと思います。 
 
バイクを買ったらまずはマフラー交換。 
 
そういう人もいるでしょう。 
 
 
見た目が変わりますから 
ドレスアップに最適です。 
 
 
でも、それだけなのでしょうか? 

まず結論から言うとマフラー交換は 
メリットとデメリットをよく考えて 
判断しましょう。

 
見た目と性能と音。 
 
マフラー交換をするだけで 
これだけのことを考える必要があります。 
 
もちろんどれか一つだけでも 
満足できるのなら良いのですが。 
 
純正と社外品。 
 
同じマフラーと言っても 
全く違うものです。 
 
交換するメリットやデメリットを 
順番にお伝えしていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マフラー交換をしたい

メリットは何がある?

まずはメリットから。 
 
一番変わるのは見た目でしょう。 
 
自分の好みに合わせて選びますから 
バイクを自分好みに変えられます。 
 
サイレンサーのデザインだけでなく 
取り回しでも変わります。 
 
一本出し、二本出し。 
 
右出し、左出し。 
 
純正とは違う取り回しをしている 
マフラーもあります。 
 
あくまで好みの問題なので 
自己満足の世界ですけどね。 
 
でもバイクの見た目なんて 
本人が気に入れば最高なんです。 
 
自己満足も重要ですよ。

重さの違い

重さも変わります。 
 
エキパイまで交換して素材も選べば 
かなりの軽量化が期待できます。 
 
リッターバイクなら10kg以上 
軽くなることも珍しくありません。 
 
これだけ軽量化できれば 
加速や減速などの運動性能や 
取り回しも変わってくるでしょう。 
 
軽くなることは基本的に 
メリットしかありません。 
 
考えられるデメリットは 
横風に弱くなることくらいでしょうか。 
 
車体の下が軽くなるので 
重心は上がるでしょう。 
 
それでも車重が軽くなるほうが 
メリットは大きいと思いますよ。

パワーアップもする?

パワーアップする製品もありますが 
マフラー単体だけの交換なら 
そこまで変わりません。 
 
吸気や点火系まで含めて 
全体でセッティングするほうが効果的。 
 
そもそもパワーアップが目的なら 
ボアアップのほうが体感できます。 
 
排気量を増やしてしまえば 
間違いなくパワーアップしますから。 
 
例えば50ccと100cc。 
 
排気量で言えばたった50ccの違い。 
 
でも原付一種と二種では 
全然違いますよね。 
 
それくらい排気量を増やすことは 
効果があります。 
 
 
マフラーだけで低回転から高回転まで 
全体のパワーアップは難しいですよ。 
 
もちろんそれができるマフラーも 
存在していますが。 
 
自分の体感だけなら 
あまり信用しないほうが良いです。 
 
 
最高出力やトルクを 
機械で測れば正確に出せます。 
 
 
でも、体感だと正しいとは限りません。 
 
例えば低回転での出だしが良くて 
中速で一度失速したとします。 
 
その後高回転で再び伸びれば 
出だしも良くて伸びもあると 
勘違いしてしまうのが人間です。 
 
実際は出力の谷が有るのに 
そのせいでそこから更に 
加速するように感じてしまいます。 
 
排気ガス規制などもクリアできる 
合法的なマフラーだと 
純正以上の性能はなかなか難しいですよ。

デメリットは?

デメリットも考えてみましょう。 
一番は価格ではないでしょうか? 
 
純正とは違いパイプ部分は 
ステンレスやチタン。 
 
サイレンサーならカーボンなどの 
高価な素材が使われています。 
 
もちろんそれだけ軽くなったり 
見た目が良くなったりしていますが。 
 
名の知れたメーカー製だと 
スリップオンのサイレンサーだけでも 
数万円はします。 
 
純正マフラーが使えるのに交換するなら 
大きな出費ですよね。 
 
破損したので修理も兼ねるなら 
まだマシですが。

デザインは長所だけ?

長所の裏返しの短所として 
デザインが問題になる場合もあります。 
 
センタースタンドやアンダーカウルを 
外す必要がある。 
 
そんな社外マフラーも存在します。 
 
センタースタンドがなくなると 
整備性にも影響が出ます。 
 
チェーンのメンテナンスは 
かなりやりづらくなりますよ。 
 
 
見た目を取るか実用性を取るか。 
 
 
「おしゃれは我慢」 
 
そんなファッションと同じで 
悩むところですよね。

マフラーと言えば音

メリットとデメリットの 
どちらにも入れなかった音の問題。 
 
マフラー交換をすると 
見た目以上に変化があります。 
 
これは人によって 
意見が分かれるところです。 
 
 
爆音がイイ!! 
 
うるさいのは嫌だ。 
 
 
どちらの人もいると思います。 
 
どちらにしろ音は 
近所の住人にも聞こえます。 
 
他人が出す音は基本的に騒音。 
 
車検対応の合法マフラーだとしても 
規制値ギリギリだと 
うるさく思われるでしょう。 
 
 
自分は良くても他人にはうるさい。 
 
 
そういうことも考えて 
マフラーを選びましょう。

まとめ

ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 
 
マフラー交換のメリットと 
デメリットについてお話ししてきました。 
 
簡単にまとめると 

・見た目や軽さは純正と変わる。 
 
・マフラー単体でのパワーアップは 
それほど期待できない。 
 
・見た目重視だと 
整備性が落ちることもある。 
 
・音は人それぞれ。

 
純正部品は良くできています。 
 
もちろんマフラーも。 
 
騒音や排ガスなどの規制をクリアして 
耐久性もある。 
 
低回転から高回転まで問題なく使える。 
 
 
それでいて安価。 
 
 
性能だけならもっと追及できても 
安く作る必要があるのが純正の弱点。 
 
だからこそ社外品が 
売れる余地があるのでしょう。 
 
純正でチタンマフラーなんて 
軽いのが分かっていても 
高くてつけられないですよね。 
 
 
自分が欲しい性能は何か。 
 
それに見合う価格か。 
 
そんなことも考えながら 
マフラーを選んでみましょう。

管理人の体験談

最後に僕の経験をお話ししますね。 
 
以前知人の隼で 
取り回しをしたことがあります。 
 
チタンマフラーに交換してありました。 
 
 
明らかに軽いんですよね。 
 
 
僕のはマフラー以外も含めて 
ほぼフルノーマル。 
 
快適装備を取り付けているので 
むしろノーマルより重いです。 
 
 
軽量化をするとこれだけ違うんだなと 
実感できました。 
 
 
でもそのために数十万円。 
 
新品のフルチタンマフラーだと 
20万円以上します。 
 
軽量化の為だけに 
その金額を出せる財力はないです。 
 
 
個人的には音も静かな方が好きなので 
社外品に交換したことはありません。 
 
むしろ純正への交換。 
 
中古車に社外品のマフラーがついていたのを 
純正に交換したことならあります。 
 
社外品に交換した人には 
必要のない部品。 
 
ヤフオクで安く売っています。 
 
中古の純正マフラーは 
安いのもメリットですね。 
 
 
大きな音も短時間なら 
悪くないかもしれません。 
 
でも、ツーリングなどで長時間乗ると 
疲れにもつながりました。 
 
合法的な音量なら好みの問題ですが 
僕は静かなほうが好きです。 
 
 
音でも見た目でも 
自分がバイクに乗って 
楽しい気持ちになれるマフラー。 
 
そんな一本が見つかると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイクの基本知識
ヒキをフォローする
遊風輪 バイクツーリングを楽しい遊びの時間にしよう