スポンサーリンク

ツーリング時の積載方法でおすすめは?荷物を上手に積みたい

管理人のヒキです。

今日はツーリングの時にバイクに荷物を積む
おすすめの方法をお話をしたいと思います。

恐らく普通の積み方で悩んでいる人だけでなく
タンデムできるか方法がないか考えている人もいるでしょう。

それも踏まえてお伝えしていきます。

まず結論から言うと荷物を上手に積めば
タンデムだってできるので一人なら問題ないです。

見た目の問題はありますが
そこはあくまで個人の美的センス。

荷物を積むという機能優先で考えてみますね。

まずは荷物の量から選んでみましょう。

日帰りツーリングならそれほど多くの荷物は必要ないです。
貴重品と雨具、防寒具くらいでしょうか。

それくらいだとタンクバッグがおすすめです。

マグネット式のタンクバッグなら取り外しも簡単なので
バイクから離れる時も気軽に持ち歩けます。

貴重品も身につけずにバッグに入れておきたい場合は
タンクバッグが一番ですよ。

でも、タンクによっては使えない場合もあります。

鉄の部分がなければマグネット式は使えません。
その場合は吸盤式がありますよ。

吸盤は脱着するのに少し手間がかかりますが
使えるだけまだ良いです。

タンクの形状が悪いと
付けられない場合だってあるんです。

オフ車は難しい場合が多いですよ。

ガソリンタンクの形状が
オンロードとは違いますからね。

オフ車用なんて言うタンクバッグもありますから
きちんと取り付けできるか確認してから買って下さい。

タンクバッグが使えない人や
泊まりで荷物が増える場合は積載方法を変えます。

シートバッグなどでリアシートに固定しましょう。

一泊くらいの荷物ならリュックにも入りますが
背負っていると疲れます。

身につけているよりバイクに積載した方が
疲れないのでおすすめです。

ここまで書いてきたことは
一人でリヤシートが使える前提です。

シングルシート仕様のスポーツ系のバイクや
タンデムツーリングだとリヤシートが使えませんよね。

シングルシートならリュックを背負うこともできますが
二人乗りしていたらそれもできません。

後ろの人に背負ってもらうという方法もありますが
一日中背負い続けるのはやはり疲れます。

二人で出かけたいなら
パニアケースが一番でしょう。

トップケースだけでも日帰りなら余裕です。

更に長期になるのなら
サイドケースも併用できます。

トリプルパニアにすれば
100リットル以上の大容量も可能ですよ。

雨が降っても荷物が濡れませんし
積載も乗せるだけです。

鍵もかかるので盗難防止にも効果的です。

容量や使い勝手だけを考えれば
ソロでもタンデムでも
おすすめなのはパニアケースです。

でも、欠点もあります。
サイズ、重量、価格です。

トップケースならサイズはあまり気になりませんが
サイドに付けると横幅が気になります。

すり抜けをしない人なら良いですが
そうでないなら注意が必要です。

うっかり車に擦ったりしたら大変ですからね。

もう一つの欠点である重量も増えますから
低速でふらつきやすくなります。

横幅では気にならないトップケースですが
重量ではトップケースの方が気になります。

バイクの重心から遠くて、積載場所もキャリアの上ですから
重心が高くなって不安定になります。

サイドケースの方が取り付け場所が下ですから
トップケースよりは安定します。

併用すれば大容量ですが
自分のツーリングスタイルに合わせて
どちらかだけを選ぶのも悪くないですよ。

3つめの欠点が価格です。

パニアケース3つに取り付け用のキャリアも含めれば
名の知れたメーカーの場合10万円以上かかります。

取り付けをお店に頼めば更に工賃も。

格安品もあります。

でも、そう言う物は車種別のキャリアがなくて
取り付けが大変だったりします。

ふたの締まりが悪く
防水性が怪しいなんて話も聞きます。

そのあたりを承知で買う分には良いと思いますけど。

例えば防水性なんて普通のバッグならありませんよね。

リアシートに載せるなら
防水対策を考える必要があります。

それと同じ考え方ができるなら
格安品のパニアも納得して使えるでしょう。

パニアの欠点で重いと書きましたが
シートバッグなどでも荷物を満載すれば
結局は重くなります。

その場合は操作性も変化してきますから
気になるのでしたらサスの調整をしても良いかもしれません。

ダイヤル式で簡単に調整できるのでしたら
少し硬めにすれば沈み込みが少なくなります。

タンデムでトリプルパニアなんて場合は
一番固くしても良さそうです。

乗り心地や操作性にあわせて
快適な硬さを探して見て下さい。

最初にも書いたとおり
荷物を積むという機能優先で考えてみました。

ただ、スポーツ系のバイクの人は
あまりパニアを付けませんよね。

見た目の問題がありますから。

最近はシートカウルのようなデザインの
シートバッグもあります。

スポーツ系の人はそう言う物を選ぶのでしょう。
容量はあまりありませんけどね。

僕自身は街乗りも含めて
今はトップケースをメインに使っています。

キャンプツーリングで全国をまわっていた頃は
大きめのツーリングバッグをリアシートに着けていました。

その頃はまだ予算に余裕が無くて
トップケースを持っていませんでしたけどね。

仮に持っていたとしても
キャンプ用具一式を入れようと思ったら
トリプルパニアにしないと入りきらないですけど。

一通り使った結果
今はトップケースだけになりました。

見た目はともかく使い勝手が良いので
一度使うと手放せないです。

積載もワンタッチですから
オンとオフの二車種で併用しています。

見た目、使い勝手、予算など
人によって優先順位は違いますよね。

自分にあった積載方法を見つけて
楽しいツーリングに出かけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする