スポンサーリンク

ネオプレーントゥーウォーマーは防寒対策の定番。安さが魅力

この記事は約 11 分で読めます。

薄くても効果はありますよ。
管理人のヒキです。 
 
今日はネオプレーントゥーウォーマー 
についてお話をしたいと思います。 
 
ネオプレーントゥーウォーマー 
 
 
冬にバイクに乗ると 
寒くなるのは指先。 
 
手の指先はもちろん 
足の指先も冷たくなりますよね。 

安価な防寒対策として使えるのが 
ネオプレーントゥーウォーマー。

 
定価で買っても千円もしません。 
 
この安さが魅力です。 
 
 
使い方は簡単。 
 
 
足の先につけるだけ。
ブーツを脱いでも外れません。
 
 
分かりやすい商品ですよね。 
 
 
「これで本当に暖かいの?」 
 
 
と思われるでしょう。 
 
数百円の商品ですから 
劇的な効果はありません。 
 
これを使ったから全く寒くない! 
 
なんてことはありません。 
 
良くも悪くも値段相応。 
 
 
「靴下の二枚重ねとは違うの?」 
 
 
と思った人は正解です。 
 
それくらいの効果ですよ。 
 
 
靴下の二枚重ねと違うところは 
大きく分けて二つ。 
 
・素材 
 
・大きさ 
 
 
どういうことかそれぞれ説明しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネオプレーントゥーウォーマーは温かい?

素材は何?

まずは素材。 
 
商品名にもあるように 
ネオプレーンでできています。 
 
これはウェットスーツなどの素材。 
 
冬の海に入る人もいますから 
濡れても断熱性はしっかりしています。 
 
発泡ゴムなので内部に空気があり 
熱を伝えにくい素材です。 
 
 
市販の靴下は 
そんな素材ではないですよね。 
 
綿やポリエステル。 
 
素材の違いのおかげで 
靴下二枚重ねよりは暖かいでしょう。

大きさは?

大きさも違います。 
 
トゥーウォーマーの名前のとおり 
つま先だけです。 
 
単純に温かさを追求するなら 
足全体のほうが良いでしょう。 
 
 
靴下を二枚重ねではいてみると 
小さいメリットが分かります。 
 
靴下二枚だと足が大きくなって 
靴がきつくなってしまいます。 
 
あまり圧迫されていると 
血の流れも悪くなりますよね。 
 
そうなると足先が冷えてしまいます。 
 
冷えるつま先だけを 
薄く断熱性のある素材で温める。 
 
それがこの商品の考え方なのでしょう。

まとめ

ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 
 
ネオプレーントゥーウォーマーについて 
お話ししてきました。 
 
簡単にまとめると 

・断熱性のある素材。 
 
・最小限の大きさで邪魔にならない。 
 
・安い。

 
つま先用の防寒商品。 
 
これ自体は昔から有ります。 
 
僕が初めて買ったのは 
スキー用品店でした。 
 
今ならワークマンでも売っています。 
 
それらに比べれてコミネのこの商品は 
数百円高いです。 
 
違いはゴムのストラップ。 
 
これがあるかどうかで 
使い方が少し変わります。 
 
 
ゴムがないと靴の中に 
入れっぱなしにできます。 
 
一つの靴にしか使わない人は 
こちらの方が良いかもしれません。 
 
 
ゴムがあると足につけられます。 
 
靴を替える人には 
こちらのほうが便利です。 
 
僕はスクーター通勤。 
 
職場で靴を替えています。 
 
だからゴム付きのほうが 
便利なんです。 
 
 
両方の靴に入れることもできますけどね。 
 
そうすると今度は 
洗わなくなりそうで・・・。 
 
 
ゴムひも一つのことですが 
使い勝手は変わりますよ。 
 
 
バイク乗りなら気になる防寒対策。 
 
身も蓋もない言い方ですが 
お金さえかければどうにでもなります。 
 
高価な製品はやはり違いますし 
電熱装備を使えば暖かくもなります。 
 
 
でも自由にバイク用品を買えるほど 
お金に余裕がある。 
 
そんな人ばかりではないですよね。 
 
 
学生だったり就職して間もなかったり。 
 
結婚して家庭を持てば家族のことも 
考える必要があります。 
 
バイク用品だけに 
お金をかけられないですよね。 
 
 
だからこそ安価な防寒対策。 
 
数百円で買えるこの商品に 
価値があると思います。 
 
 
大きな効果はありません。 
 
でも値段なりの効果はある。 
 
コストパフォーマンスで言えば 
悪くないです。 
 
防風のブーツ。 
 
ネオプレーントゥーウォーマー。 
 
この二つで耐えられない寒さなら 
電熱装備しかないですよ。 
 
ネオプレーントゥーウォーマー 

管理人の体験談

最後に僕の経験をお話ししますね。 
 
まとめの所でもお伝えしましたが 
この手の商品は昔からあります。 
 
バイクに乗り始めた最初の冬。 
 
持ってたのは編み上げブーツ。 
 
レザーブーツでしたが 
ベロのところは切れていました。 
 
風がブーツ内に入ってくるんです。 
 
当然ですが指先も冷えて 
痛いくらいでした。 
 
 
靴下の二枚重ねもやりましたが 
くつ紐を緩めてやっとはける状態。 
 
そこで使い出したのが 
スキー用品店で見つけた 
ネオプレーントゥーウォーマー。 
 
耐えられる寒さくらいにはなりました。 
 
 
就職した年には 
ゴアテックス製のブーツを購入。 
 
ネオプレーントゥーウォーマーは 
しばらく出番がなくなりました。 
 
歳を重ねるごとに寒さに弱くなり 
この数年は通勤で使っています。 
 
 
電熱インソールも持っていますが 
毎日使うには手間がかかります。 
 
充電も配線もなく 
気軽に使えるのは魅力ですね。 
 
 
足の冷えはバイクの種類にもよっても 
違ってきます。 
 
隼だと気になりません。 
 
カウルのおかげで 
直接風が当たりませんし 
エンジンの熱のおかげもあります。 
 
そのかわり夏は炎天下で 
半身浴しているような状態ですけどね。 
 
 
スクーターもカウルのおかげで 
耐えられない寒さではないのですが。 
 
ネオプレーントゥーウォーマーが 
あれば快適なので使っています。 
 
冬は毎日のことなので 
我慢する必要もないですし。 
 
 
電熱装備ほどの効果はないですが 
数百円で買える商品。 
 
気軽に試せますから気になる人は 
ぜひ試してみてくださいね。