スポンサーリンク

ツーリングで宿は当日とれるのか?気ままな旅をしたい人へ

管理人のヒキです。

今日はツーリングで宿を当日に決めることについて
お話をしたいと思います。

「週末の予定が急に空いた」
「雨の予報が外れて、これから晴れそう」
「全てを忘れて現実逃避したい」

行き先も分からぬまま走り出したくなる理由は
人それぞれありますよね。

「でも夜になったらどうしよう」

そんな不安も分かります。

まず結論から言うと、宿泊先は何とかなるので大丈夫です。

とは言え当日だったらなるべく早く
決めるに越したことはないですけどね。

時間にあわせて
色々なパターンを考えてみましょう。

まともなやり方は当日のお昼くらいまでに宿を決めて
予約をすることです。

気ままに走り出したとしても
あと半日でどれくらい動くかは分かってきますよね。

おおよその目的地を決めて
宿泊施設があるか探しましょう。

昔は知らない土地の宿を探すのは大変でしたが
今はスマホで簡単に探せるようになりました。

観光地なら旅館や観光ホテルがありますし
都市部ならビジネスホテルもあります。

特に夕食が付くような宿は早めに連絡しないと
受け入れて貰えなくなるかもしれません。

早めに予約が取れれば
その後は安心してツーリングができますよ。

次は夕方~夜になってしまった場合。

既に遅い時間ですから
現在地から近い場所で探すことになります。

旅館は夕食の支度がありますから
断られるかもしれません。

夕食無しで宿泊はできるかもしれませんが
なるべく早く連絡しましょう。

観光地で旅館や観光ホテルしかなく
電話でどこも断られた場合は辛いですよね。

その場合は直接行ってみるのも手です。

特に小規模の旅館は直接行くと
断りづらくて受け入れてくれる場合もあります。

歓迎はされないでしょうけど(^^;

追い返すのもかわいそうと言うことで
泊めてくれることもあるんです。

そう言う人間的な思いとは別に
営業上の理由もあると聞いたことがあります。

直前に予約する人は
結局来ない場合も多いそうです。

それに対して、直接行けば必ず泊まりますよね。

ドタキャンされることがないから
受け入れてくれるという話です。

あくまで聞いた話なので
真偽のほどは分かりませんが。

当日の飛び込みでも空きさえあれば
問題なく泊まれるのがビジネスホテルです。

元々素泊まりを前提にしていますから
食事の心配はないですしね。

こちらの方が変な気は使わないで済みます。

かなり遅い時間でもチェックインできるのが
ビジネスホテルの魅力です。

まともに泊まれるのはここまででしょう。

夜間~深夜以降になると
別の手段を考えないとダメそうです。

ビジネスホテルが使えないという状況は
空きがないという場合もありますが
ホテルそのものがない場合もあります。

都市部でないとあまりありませんから。

そうなるとなかなか困った状況です。

都市部だとサウナや漫画喫茶など
簡易的な宿泊を前提にした施設もあります。

そう言った施設があれば良いですが
ビジネスホテルがない状況だと
可能性は低くなります。

そうなると眠るわけにはいきませんが
24時間営業のファミレスで朝を待つと言う方法も。

ファミレスは基本的に寝たら起こされます。

黙認する店舗もありますが
基本は朝まで時間を潰す感覚ですね。

疲労回復にはなりませんが
夜間は走りたくない、寒いなどの場合は
最後の手段くらいに思っておきましょう。

最後の手段と書きましたが
実はもう一つあります。

こちらの方がある意味最後の手段です。

ツーリングをしていると都市部以外でも・・・
と言うか山の中なども含めて
全国的にある宿泊施設に気づきませんか?。

そう、ラブホテルです。

予約も要らないし、深夜でもチェックインできます。
普通はバイクで行って一人でも問題なく使えます。

以前バイク雑誌の企画で
男同士で泊まる企画を読んだことがあります。

一人でも心理的なハードルは高いかもしれませんが
同性同士は更に抵抗がありそうですね(^^;

ツーリングの宿としては一般的ではないですが
宿泊施設としてはわりと使われています。

と言うのも年末年始やお盆休み、ゴールデンウィークなど
長期の休みはすぐに満室になりますよ。

二人分の宿泊代と考えれば
安いところが多いですから。

長期の休みは旅館や観光ホテルも予約で埋まりますから
当日先着順なのも需要が多い理由かもしれません。

長期休みの期間に使うのならば
宿泊時間になったらすぐに行きましょう。

もう一つ注意点がありました。

多くの場所で長期休みの期間は
特別料金になっています。

予算には注意して下さいね。

ツーリングで当日宿を取る方法を色々書いてきましたが
テントと寝袋持参という方法だってあります。

テントはキャンプ場以外なかなか張る場所はないですが
寝袋だけで寝ると言う方法もありますよ。

道の駅や高速道路のSA、PAなどで
バイクの横や人目に付かない場所でマットを引いて寝袋で寝る。

雨が降らないことが前提ですが
夏の夜はたまに見かけます。

暗くなってから来て、明るくなる頃には撤収。
そんな人だっています。

しっかり眠れる方が良いですが
一日くらいなら無茶もできます。

走りだしたくなったら何の準備もないまま
出かけてみるのも楽しいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする