当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

スポンサーリンク

二輪旧車再生マニュアルはマニア向け?一般人には無意味?

この記事は約 10 分で読めます。

二輪旧車再生マニュアル
管理人のヒキです。 
 
今日は二輪旧車再生マニュアルについて 
お話をしたいと思います。 
 
二輪旧車再生マニュアル 
 
 
タイトルどおりの旧車や不動車を 
再生、復活させるための本。 
 
バイク乗りでもそんなことに 
興味がない人の方が多いでしょう。 
 
 
でも、普通のライダーでも 
参考になる内容もあります。 
 
 
例えば金属パーツ。 
 
バイクには鉄、ステンレス、アルミなど 
色々と使われていますよね。 
 
素材ごとにメンテナンス方法も 
違います。 
 
興味が無ければ 
知らない人も多いでしょう。 
 
 
新車で買って数年。 
 
 
洗車はしていたけど新車の輝きは 
いつの間にかなくなっている。 
 
そんな人もいるかもしれません。 
 
 
ガソリンタンクなどの塗装された部品は 
ワックスだけで輝きが維持できます。 
 
カウルもワックスがけで 
維持はできますよね。 
 
でも素材そのままの金属だったり 
メッキ処理されていても 
サビが発生します。 
 
 
ステンレスやアルミは 
サビないと思っている人も 
意外に多いです。 
 
特にアルミの錆は見た目が違います。 
 
赤くないので 
サビと気づかない人も多いでしょう。 
 
そんなアルミのサビ落としや 
その後の処理のことなども 
この本には載っています。 
 
 
他にも割れた樹脂パーツを 
溶接する方法などは 
役に立つかも知れません。 
 
立ちゴケをして 
カウルが割れてしまった。 
 
お金が貯まるまでは 
とりあえず走れるようにしたい。 
 
そんな人だっていますよね。 
 
見た目はともかく 
とりあえずくっつける。 
 
接着剤では難しい 
ポリプロピレンには 
特に有効な方法です。 
 
 
本書ではハンダごてを使っていますが 
もっと便利な道具もあります。 
 
ヒートペン 
 
 
プラモデルを作る人なら 
持っているかもしれませんね。 
 
一回の修理だけで買うには高額ですが 
道具は何度も使えます。 
 
ペン先の種類もあるので 
DIY好きな人には便利な道具ですよ。 
 
 
こんな具合に普通のライダーでも 
役に立つ内容もありますが。 
 
旧車再生がメインの内容。 
 
そちらについても充実しています。 
 
 
パーツごとに修理、再生していて 
手順も載っているのですが。 
 
基本的にはプロの仕事。 
 
素人が簡単にマネできる 
内容ではありません。 
 
 
設備と技術があってできる作業。 
 
 
実質はお店の紹介に近いです。 
 
 
それが悪いというわけではありません。 
 
正直言ってどこもニッチな業種。 
 
そんなお店があることさえ 
知らない人が普通です。 
 
 
例えばメーター。 
 
機械式のスピードメーターや 
タコメーター。 
 
分解整備を専門でしてくれるお店が 
あることさえ知りませんでした。 
 
 
需要が少ないから専門店も少ない。 
 
だからこそお店として 
やっていけるわけで。 
 
旧車のメーターを直したい人にとっては 
ありがたいお店ですよね。 
 
 
主要なパーツごとに 
専門店が紹介されています。 
 
旧車、不動車を復活させたいけど 
普通のバイク屋には断られた。 
 
そんな人にとっては 
貴重な情報だと思います。 
 
 
専門店があるからと言って 
気軽に再生できるわけでも無いですが。 
 
 
当たり前ですが 
どこのお店も費用がかかります。 
 
長い時間をかけて 
ノウハウを蓄積しているわけですから。 
 
新品部品が手に入るなら 
交換する方が間違いなく安いでしょう。 
 
 
ヤフオクなどで安い不動車を買って 
安く修理して乗りたい。 
 
そう言う考えの人が 
利用できる金額ではありません。 
 
本書で再生しているバイクは 
総額いくらかかったのだろうと 
気になるほど。 
 
 
部品ごとに揃えたら高額になるのは 
現行車でも一緒ですが。 
 
全ての部品を取り寄せたら 
新車価格より高くなります。 
 
旧車がプレミア価格になる理由は 
需要と供給の問題だけでなく 
修理代もあるのでしょう。 
 
 
バイクは乗り続けることが 
難しい乗り物だと思います。 
 
ケガをしやすいという意味では 
危ない乗り物ですから。 
 
学生の頃は乗っていても 
社会人になり家庭を持つようになると 
手放す人が増えていきます。 
 
 
会社の上司に反対される。 
 
配偶者に反対される。 
 
配偶者の両親に反対される。 
 
 
理由は人それぞれですが 
一度手放すと再度購入は 
難しくなるでしょう。 
 
もちろん買い換えも。 
 
だからこそ手放さずに 
乗り続けていた。 
 
気づいたら絶版車になり 
部品の供給も途絶えた。 
 
今は若い人でもそんな未来が 
待っているかもしれません。 
 
 
部品の供給が途絶えても 
乗り続けるためにできること。 
 
どんなことがあるかを 
知っておくだけでも 
役立つ日が来るかもしれません。 
 
 
そんなめんどうなことを考えなくて 
ポンコツの再生を見るだけでも 
驚きがあって面白いですよ。 
 
二輪旧車再生マニュアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイクの本
ヒキをフォローする
遊風輪 バイクツーリングを楽しい遊びの時間にしよう