スポンサーリンク

ツーリング先で観光する時に荷物をどうするか迷いませんか?

この記事は約 7 分で読めます。

管理人のヒキです。

今日はツーリング先で観光をする時に
荷物をどうするかについてお話をしたいと思います。

「バイクに積んだままだと盗まれない?」
「キャンプツーリングだと全部は持って行けないよ」

こう言う事を悩んでいる人も多いと思うので
それも踏まえてお伝えしていきます。

 

まず結論から言うと
日本は治安が良いので積んだままでも大丈夫です。

 

もちろん100%ではありません。
世の中に悪い人はいますから。

あくまで個人的な経験ですが
今までキャンプツーリングを100泊以上経験してきて
一度も盗難にあった事はありません。

もちろん財布などの貴重品は持っていきますよ。

バイクに置いていくのはキャンプ道具などの
どうやっても持って行けない物です。

テントや寝袋などをバイクから離れるたびに持っていくのは
現実的な方法ではありませんよね。

盗難なんかされないと割り切って行動するのが
一番よい方法だと思っています。

 

どうしても不安ならワイヤーを使う方法もありますよ。

持ち歩ける程度のワイヤーを用意して
荷物の持ち手などに通してバイクと固定します。

南京錠を使っても良いですし
ヘルメットホルダーを使えば鍵が一つで済みます。

ワイヤーはビニールコーティングされていると
荷物や車体に傷をつける確率が減ります。

コイル状の物なら持ち運びにも便利ですよ。

 

コイル状のワイヤー

 

細いワイヤーでも工具がなければ切断はできませんから
観光地での盗難防止効果は高いと思います。

そんなところに工具を持っていく人は少ないでしょうから。

ホームセンターでも売っていますし
ネット通販ならパソコンなどの盗難防止用品で探して見て下さい。

ビニールコーティングされていて
両端が輪になっているような物が売っています。

長さは数メートル単位でありますから
自分の荷物の量にあわせ選んで下さいね。

迷ったら長めの物を買っておけば
短くて使えなかったという事態は防げます。

大は小を兼ねると言うか長は短を兼ねるですね(笑)

数百円で買える物ですから
ダメなら買い直しもできる価格でしょう。

 

長めのワイヤーならジャケットやヘルメットも通して
バイクに固定する事ができます。

バイクの車輪も通せばバイク自体の盗難防止にもなります。

地面に固定された物、例えばフェンスや電柱などに通せば
いわゆる地球ロックになってかなり盗まれづらくなりますよ。

 

大きな物はバイクに置いていくにしても
貴重品は持っていきます。

財布やスマホ程度なら
ジャケットのポケットで問題ありませんよね。

カメラを持ち歩く人は小さければよいですが
一眼レフなどになるとジャケットでは無理でしょう。

ウエストバッグなどで体に付けておくと持ち運びは楽ですが
バイクに乗っている時は何も無い方が疲れが少ないです。

そんな時に便利なのがタンクバッグ。

簡単に脱着できるので
バイクから離れる時は持っていけます。

カメラのように振動に弱い物を入れる時は
下にタオルを敷くなどの衝撃対策が必要ですけどね。

簡単に持ち歩ける一つのバッグに
貴重品をまとめておくと管理も楽です。

ナビが今よりもっと高額だった時代は
ナビも入れていましたよ。

ツーリング先での金庫のような扱いでした。

 

荷物が多いキャンプも含めた泊まりの時の方法として
別の方法もあります。

 

先に宿泊場所に行って荷物を降ろしてしまいます。

 

キャンプツーリングをする時に
時々やっていた方法です。

テントを張って中に荷物を入れて
出入り口のファスナーに南京錠で鍵をかけます。

それから改めてツーリング。

 

これは荷物の盗難対策と言うより
身軽に走れる事が目的なんですけどね。

 

特に林道ツーリング。

ダートに行くのに荷物満載だと
やはり何かと不都合です。

舗装路より揺れますから荷物の脱落も心配ですし
何より重心が高いのでバランスが悪くなります。

元々の腕が悪いですから
安全のためにも身軽な方が良いんです(^^;

車体が重いのはそれだけで気をつかいますからね。

 

観光に行きたい目的地と宿泊場所が近くないとできませんが
先に荷物を降ろす方法も便利です。

テントは刃物で簡単に切れますから
絶対安心ではないですけど。

ホテルなどに泊まるなら安心な方法です。

 

同じような効果が連泊にもあります。

荷物を置いたままそこから日帰りツーリング。
これはこれで楽しめます。

二泊以上になるとつい遠くに行きたくなりますが
あえて一箇所でじっくり動くのも悪くないですよ。

 

ツーリングで観光する時の荷物をどうするか
最初の頃は悩みました。

と言うか不安でした。

でも世の中そんなに悪い人はいませんから
今ではなんの心配もしていません。

性善説というわけではありませんよ。

盗難は当然犯罪です。
犯罪はリスクとリターンを考えてやると思うんです。

例えばコンビニ強盗。

もし店に現金が10円しかないと分かっていたら
やる人はいないでしょう。

10円のために犯罪者になりたくないですから。

犯罪者になってまで薄汚れたキャンプ道具を欲しい人が
どれだけいると思いますか?(笑)

 

もちろん絶対ではありません。

でも、心配する事に時間をかけるより
楽しい事のプランを考える時間にしましょう。