当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

スポンサーリンク

バイクの自賠責保険で値段が安いのは?コンビニとネットで違う?

この記事は約 12 分で読めます。

令和は何年までいくのでしょうね?
管理人のヒキです。 
 
今日は自賠責保険の値段について 
お話をしたいと思います。 
 
バイクに乗るなら必ず契約が必要な 
自賠責保険。 
 
維持費の一つですが 
できれば安くしたいのが保険料。 
 
任意保険は各社で大きく違いますが 
自賠責はどうなのでしょうか? 

まず結論から言うと同じ車両なら 
自賠責保険の値段は 
どこの会社でも一緒です。

 
会社間の差はありませんが 
年間保険料の違いはあります。 
 
車検の無いバイク限定ですが。 
 
車検の時に払う保険料は 
決まっているので安くできません。 
 
排気量250ccまでのバイク限定ですが 
自賠責保険を少しでも安くする方法を 
お伝えしていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自賠責保険の値段

自賠責保険を安くする

自賠責保険を安くしたいなら 
長期契約しかありません。 
 
1年契約から5年契約まで 
選択肢があります。 
 
当然のことながら 
5年契約が一番安いです。 
 
これだけ聞くと 
「5年分の保険料なんて高すぎる!」 
と思われるかもしれません。 
 
任意保険の感覚ならそう思いますよね。 
 
 
ところが自賠責保険の割引率は 
異常なくらい安くなります。 
 
 
参考までに2023年の 
原付自賠責保険の金額です。 
 
12ヶ月契約 6,910円 
24ヶ月契約 8,560円 
36ヶ月契約 10,170円 
48ヶ月契約 11,760円 
60ヶ月契約 13,310円 
 
 
1年契約だと6,910円。 
2回払えば13,820円。 
 
5年契約が13,310円。 
 
1年契約を一回更新するなら 
5年分のほうが安くなります。 
 
 
原付を通学用に3年間しか使わない。 
 
 
こんなふうに確実に使用期間が 
決まっているのでなければ 
5年契約が一番おすすめです。 
 
 
仮に車両を手放すとしても売買するなら 
車両とは別に精算して 
返金する場合が多いです。 
 
中途解約もできますが 
手数料がかかるので 
戻りはかなり少なくなります。 
 
なのでそのまま名義変更で 
継続させることが多いです。 
 
 
自賠責保険は被害者保護が目的。 
 
最悪名義変更していなくても 
支払いに問題はありません。 
 
手放したのに連絡が来たりして 
手間はかかりますけどね。 
 
車両の名義変更が済んでいれば 
事故の責任まで来ることはありませんよ。

まとめ

ここまで長文にお付き合い 
ありがとうございます。 
 
自賠責保険の保険料について 
お話ししてきました。 
 
簡単にまとめると 

・保険会社による差は無い。 
 
・安くしたいなら長期契約。

 
自賠責保険の目的は被害者保護。 
 
事故でケガをしたのに 
保険料が払われない。 
 
そんな事態をなくすために 
作られた制度です。 
 
だから無保険の罰則も重いです。 
 
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金と 
違反点数6点。 
 
6点は一発で免停です。 
 
免停で更に50万の罰金なら 
普通に払う方がよっぽど安いです。 
 
自賠責1年契約で7千円として。 
 
50万を7千円で割ると71年は払えます。 
 
5年契約で考えれば 
一生分払ってもおつりが来ます。 
 
それなら普通に払っておきましょう。 
 
 
バイクや車を運転する以上 
事故を起こす可能性はあります。 
 
最悪の場合相手の命を奪うことも。 
 
償う方法はありませんが 
現実的な方法としてお金があります。 
 
それさえも払えない。 
 
そんな無責任なことにならないように 
最低限自賠責だけでも払いましょう。 
 
個人的には任意保険だって 
義務で良いと思っていますけど。

管理人の体験談

最後に僕の経験をお話ししますね。 
 
原付の自賠責保険は 
いつも5年で入っています。 
 
ネットで手続きできるので 
あとでいいやといつも後回し。 
 
最終日近くなって 
慌てて手続きをするのですが。 
 
ここに任意保険とは違う 
自賠責ならではの落とし穴が。 
 
 
インターネットでの手続きだと 
即日の補償開始にはなりません。 
 
 
1週間後からなんです。 
 
そのせいで時々乗れない期間が 
できてしまいます。 
 
1週間乗らなければ良いだけなので 
困りませんが。 
 
新しく買って乗りたいときは 
待ち時間ができてしまいます。 
 
 
なぜ即日でないかと言えば 
有効期限のステッカーや 
証書が無いからです。 
平成も遠くなりました。
 
インターネットで契約後 
必要なものは郵送で送られてきます。 
 
その期間として1週間は 
余裕をみているのでしょう。 
 
証書とステッカーがないだけでも 
30万円以下の罰金という厳しさ。 
 
これはさすがにどうかと思いますが。 
 
無保険の車両を見つけやすくするには 
仕方が無いのかもしれません。 
 
待つのが嫌な人はコンビニに行って 
手続きをすればすぐに乗れますよ。 
 
 
一見デメリットだけのようですが 
使い方次第でメリットもあります。 
 
乗らない期間が分かっているなら 
あえて契約切れにすれば 
保険料を払わなくて済みます。 
 
日割り計算すれば極わずかですが。 
 
通勤用以外は週末しか乗らないので 
更新の時はわざと切るときもあります。 
 
 
実は任意保険でも 
この方法は使えるのですが。 
 
契約切れの期間が長くなると等級維持が 
できなくなる可能性があります。 
 
20等級から新規契約に戻されたら 
節約どころか大損です。 
 
なので任意保険ではやっていません。 
 
本当に忘れていて 
切れたことが何回かあるので。 
 
平日に任意保険の契約のことなんて 
忘れているんですよね。 
 
数日で気づいて 
今のところ助かっていますけど。 
 
 
更新の連絡が来たら 
すぐにやれば良いのですが。 
 
腰が重いだけでもないんです。 
 
人生何があるか分かりませんから 
期限の終わりのほうまで 
更新しないと言う理由もあります。 
 
任意保険は継続できないと 
金額的なデメリットも大きいですが。 
 
自賠責に継続のメリットはありません。 
 
 
後ろ向きな考え方かもしれませんが 
最悪の場合契約直後に 
死んでしまうかもしれません。 
 
残された家族は自賠責のことまで 
なかなか気づかないでしょうし。 
 
 
車検も同じ理由でわりとギリギリです。 
 
車検を通した直後に事故で廃車。 
 
こんな可能性もありますから。 
 
後ろ向きな考え方ですが 
起こりうることです。 
 
特に車検直後に事故で廃車のほうは 
身近なところで起こっています。 
 
 
事故はいつ起きるか分かりません。 
 
加害者にも被害者にもなります。 
 
だからこそ自賠責保険は 
しっかり加入しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイクにかかるお金
ヒキをフォローする
遊風輪 バイクツーリングを楽しい遊びの時間にしよう