バイクのメンテナンスは店任せ?自分でやるメリットはある?

バイクのメンテナンスも重要です。 
 
ツーリングの前後には 
必ずやっておきましょう。 
 
基本的なことだけでもやっておけば 
トラブルになる可能性もさがります。 
 
タイヤの空気圧の点検。 
チェーンの張り調整や給油などは 
ツーリング前に必ずやりましょう。 
 
 
全てを自分でやる必要はないですが 
できることだけでも 
自分でやったほうが良いです。 
 
そうすれば工賃がかかりませんから 
費用が安くなりますよね。 
 
それ以上のメリットもあります。 
 
少しずつでも自分でいじれば 
バイクに対する知識がつきます。 
 
整備に直接関係ないことも 
自然に覚えていきます。 
 
バッテリーやヒューズのある場所。 
 
カウルの外し方。 
 
こう言うことが分かっていけば 
ツーリング先でトラブルになったときも 
自分で対処できるかもしれません。 
 
ヒューズ切れだって 
場所が分からなければ 
交換できないですよね。 
 
シート下にある場合も多いですが 
全然関係ない場所にある車種も。 
 
例えば隼。 
 
左前のカウルの下にあります。
隼のヒューズは左前のカウル下
 
 
何カ所もボルトを外さないと 
ヒューズボックスにたどり着きません。 
 
バッテリーはシート下にあるんですけど。 
 
知っていれば車載工具でも 
ヒューズ交換はできます。 
 
こんな簡単な作業でも 
場所を知らなかったらできないですよね。 
 
メンテナンスをしていれば 
自分のバイクに対する知識も 
自然に増えていきますよ。 
 
 
楽しいツーリングにするためにも 
基本的なメンテナンスは 
自分でやってみませんか?

バイクのメンテナンス

バッテリーの交換時期はいつ?何を目安にすれば良い?

バッテリーの交換時期はいつ頃なのでしょうか?用品店によっては、2~3年で交換なんていう説明もあったりします。経験上だとそれでは短すぎるのですが。お店では商売もあります。自分で簡単にできますから、電圧を測ってバッテリー交換時期の目安にしましょう。
バイクのメンテナンス

テスターで導通確認する方法は?通電の調べ方なら簡単

テスターでの導通確認方法は簡単です。抵抗値を測定するのでなければ、針が動くかどうかだけ。通電するかが分かれば断線も調べられます。デジタルでもアナログでも測り方は同じ。電気に苦手意識があるかも知れませんが、テスターでの導通確認を覚えましょう。
バイクのメンテナンス

バイクの断線を修理したい。特定できれば作業は簡単

バイクの断線修理は自分でできるのでしょうか?切れた線をつなぐだけなので、作業自体は簡単です。問題は場所の特定。見た目で分からない場合はテスターが必要です。苦手意識がある人でも調べるのは導通だけ。それさえできれば、バイクの断線修理は難しくないですよ。
バイクのメンテナンス

バイクのサビ取りはどうやる?再発しない方法はある?

バイクのサビ取りは簡単にできるのでしょうか?市販の薬品を使えば、チェーンでもガソリンタンクでもキレイにすることはできます。メッキ部品も専用のケミカルがありますし。一番やっかいなのはマフラー。誰にでもできるバイクのサビ取り方法をお伝えしていきます。
バイクのメンテナンス

バイクの錆びを予防したい。効果的な対策はある?

バイクの錆びを予防したいと思ったことはありませんか?いつの間にか発生していて、落としても再発するサビ。見た目も悪くなりますし、ひどくなれば強度に影響があるかも知れません。効果的な対策がないか、バイクの錆びの予防方法を原因も含めて考えてみます。