スポンサーリンク

原付ツーリングは楽しいか?遠くに行くより近所に目を向ける

管理人のヒキです。

今日は原付ツーリングについて
お話をしたいと思います。

「原付でツーリングなんて楽しいの?」

「小さな車体に荷物満載は
見た目がかっこわるい」

なんて思う人もいるのではないでしょうか?

まず結論から言うと原付ツーリングは
自転車感覚で行くと楽しいです。

自分で漕がないサイクリング。
そんなイメージですね。

スクーターは日常の足として
実用的に使っている人も多いでしょう。

たまには遊びで使ってみませんか?
今日はそんなお話です。

原付には一種と二種があります。
順番に考えていきましょう。

まずは一種から。

二輪の免許は当然として
自動車免許を持っていれば乗れます。

だから日本でもっとも
免許保有率が高い乗り物でしょう。

維持費が安いですから
家庭でも仕事でも使われます。

一度くらい乗ったことがある人も
多いと思います。

そんな身近な乗り物だけに
ツーリングに使って楽しいの?
と思われがちです。

仕事で使っている人なら
なおさらそう感じるかもしれません。

でも、原付を使って
日本一周する人だっています。

燃費が良くて経済的ですからね。

もちろんそんな使い方も有りです。

でも、僕としてはもっと身近に使う方が
楽しめると思っています。

最高速度に30キロ制限がありますから
遠出をするには時間がかかります。

300キロ走ろうと思ったら
机上の計算で10時間必要です。

もちろん加速、減速や
信号待ちの時間も必要です。

休憩時間も考えれば
朝から晩まで走り続けることに。

移動ならよいですが、ツーリングとして
楽しい人は少ないでしょう。

だったら無理に遠出はやめて
近場のツーリングにすれば良いんです。

日帰りで十分楽しめる距離を
選んでみてはどうでしょうか?

最初は目的地も決めず
近所を回ってみる。

その範囲を広げていって
自分の住む地域を探索してみる。

これが意外に楽しいですよ。

生まれてから一度も実家を出ていない。

そう言う人だと
近所も知り尽くしているかもしれません。

小学生の頃は徒歩か自転車が
主な移動手段です。

そうなると細い道まで行けますからね。

でも、一度でも引越しをしていると
近所でも知らない道が
意外に多いと思います。

歩きや自転車で動かないと
行かない道も多いでしょう。

しかも大人になると
小学生ほどの好奇心が無くなります。

いつも同じ道を通って
別の道を通らなくなっていませんか?

そう言う所に行ってみると
意外な発見があったりします。

知らなかったお店があったり
近道が見つかったり。

季節によっては
綺麗な景色が見られたり。

満開の桜とモンキー

細い道でも気軽にUターンできる
原付ならではの魅力です。

これが大型バイクや車だと
ためらうようになりますから。

繁華街や住宅地などで
一方通行の道が多い場合もあります。

曲がろうとしたら一方通行。

無理に行く必要はありませんが
バイクはエンジンを切って押せば
歩行者扱いです。

小さく軽い原付なら
楽に近道できるときもあります。

スピードは出せない代わりに
自転車感覚で小回りがきく。

行動半径も自転車と同じ程度にすれば
十分面白いですよ。

スポンサーリンク

続いて二種。

こちらについてはツーリングに使っても
なんの問題もありません。

制限速度は標識どおりですし
二段階右折もありません。

高速道路や自動車専用道路は
通行できませんけどね。

そこさえ割り切れば原二は
もっとも汎用性があると思ってます。

維持費は安いし、街乗り、長距離も
無難にこなせます。

僕は沖縄でレンタルバイクを
使ったことがあります。

沖縄本島最南端喜屋武岬

その時は原二スクーターを借りて
本島を縦断しました。

一日半借りて
約360キロ移動しましたよ。

借りたときがこの距離。

レンタルバイクを借りたとき

返したときがこの距離です。

レンタルバイクを返したとき

もちろん下道だけです。
高速は走れませんからね。

山道を走らなければ
パワー不足なんてこともありません。

スクーターはシートも幅広ですし
快適でした。

実際に買おうと思うと
スクーターが多い排気量ですが
趣味にも実用にも使えるクラスです。

僕は通勤用に一台持ってますが
街乗りには便利ですよ。

見た目を気にして
ツーリングに踏み切れない人も
日帰りならどうでしょうか?

荷物は最小限ですみますから
他人が見ても分かりませんよ。

趣味で乗るぶんには
見た目が重要というのも分かります。

そう言う人には無理にすすめません。

でも、気になるなら我慢するのは
もったいないですよ。

「旅の恥はかき捨て」
なんて言葉もあります。

見知らぬ他人に見た目をどう思われようが
楽しい方が良くないですか?

原付でのツーリングについて
お話ししてきました。

排気量は小さくても十分楽しいことが
分かってもらえたでしょうか?

一種では近所のツーリングを
おすすめしましたが
時間があれば遠出だってできます。

途中で少し書きましたが
日本一周する人もいるくらいですから。

スーパーカブで日本一周中の人に
何人か会ったことがあります。

燃費が良くて壊れづらいから
選ぶ人も多いのでしょう。

スピードは出ないので
のんびり走ることになります。

そのおかげでその土地のことを
より詳しく知ることができます。

僕も時間さえあれば
本当はやってみたいです。

原付ツーリングは
一種でも二種でも楽しいです。

普段は実用にしか使っていない人でも
遊びに使ってみませんか?

きっと新しい発見がありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする