スポンサーリンク

バイク用のフルフェイスで涼しい製品は?ダクトがあると有効

管理人のヒキです。 

今日はフルフェイスのヘルメットについて 
お話をしたいと思います。 

安全性を考えるとフルフェイスがよいけど 
夏は暑いですよね。 

少しでも涼しい製品が欲しいのは 
当然のことだと思います。 

商品選びに迷っている人に 
選び方のポイントをお伝えしますね。 


まず結論から言うと 
エアーダクトが付いた製品は 
効果があって涼しいです。 


頭部だけに限定すれば 
半キャップより涼しいです。 

もちろん顔はむきだしの 
半キャップのほうが涼しいですが。 

僕はフルフェイス、ジェット 
半キャップと 
3種類のヘルメットを持っています。
4種類のヘルメット
それぞれと比較しながら 
感想を書いていきますね。 


僕は上の画像のように 
フルフェイスのヘルメットを 
オンとオフの二つ持っています。 

どちらも頭部に 
エアーダクトがついています。 

以前は何も付いていないフルフェイスを 
使っていました。 

その方が価格が安いですからね。 

オン用のヘルメットを買い替えるときに 
思いきって試してみました。 

買い替えた時期が夏だったこともあって 
違いを体感できました。 

その後オフ用を買い替えるときは 
迷わずダクト付きに。 

それくらい違いました。 


夏の汗ばんだ頭にヘルメットをかぶり 
バイクで走り出すと 
少しヒンヤリするんです。 

汗は蒸発するので 
すぐに感じなくなりますけど。 

でも、その何も感じないという状態が 
効果がある証拠なんです。 

真夏に半キャップで原付に乗ると 
頭が暑いんですよ。 

顔は直接風に当たるから 
涼しいのですけど。 

エアーダクト付きの半キャップがあったら 
欲しいくらいです。 

本当にネットで探してみたんですよ。 

自転車用みたいなヘルメットしか 
見つかりませんでした。 

見た目は涼しそうなんですけど 
安全性が・・・。 

半キャップの時点で 
安全性なんてないのでしょうけどね。 

価格も高くなりますし半キャップに 
そんな需要はないのでしょうね。 


頭部に空気の入り口があれば 
涼しいかというと 
それだけではダメなんです。 

僕の持っているジェットには 
額のあたりに空気の入り口があります。
ジェッペルのエアーインテーク
ジェットだし一見涼しそうですが 
ほとんど役に立っていません。 

もちろん何も無いよりは 
マシなのでしょうが。 

入り口だけでなく出口もあって 
初めて空気が流れます。
ヘルメットのエアーアウトレット
だから入り口だけではダメなんです。 


そもそも値段が違いすぎるので 
比較するのも無理があるのですが。 

画像のフルフェイスとジェットで 
一桁違いますから。 

それを承知で書きますが 
内装にも違いがあります。 


フルフェイスのほうは 
空気の通り道があります。 
ヘルメット内装の空気の通り道

ジェットのほうは何もありません。
安いヘルメットの内装


前後に穴があいていて 
その間に空気の通り道がある。 

これが選び方のポイントです。
フルフェイスのエアーダクト
これなら走行風を受けて 
熱気が排出されますから。 


僕の持っているジェットのように 
それらしく前にだけ穴があいている 
ヘルメットも意外に多いです。 

見た目に騙されず 
排気のことも考えて買いましょう。

スポンサーリンク

「冬は寒くないの?」 

と思う人もいるでしょう。 
夏涼しく感じるのなら 
そう思うのも当然ですよね。 

寒くはないですが 
冷気は感じられます。 

気になる場合は 
閉じることもできます。 


僕は前は閉じて 
後ろを開けた状態にして 
冬場は乗っています。 

冬でもヘルメット内は蒸れますから 
湿気を排出するためです。 

走行風がヘルメットにそって流れると 
後ろの穴から中の空気が吸い出されます。 

霧吹きの原理と言えば分かるでしょうか。 

霧吹きは空気が流れると 
下の水を吸い上げますよね。 

水の代わりに中の空気を 
吸い出してくれるんです。 

涼しさだけでなく 
ムレの対策にもなりますよ。 


前のエアーダクトは 
寒さよりも雨の方が気になります。 

開けていたら水が入るでしょうから 
雨がふってきたら閉めます。 

こう言うときのために 
操作性も選ぶ基準になるかもしれません。 

グローブをしていても操作できることは 
快適に走ることに繋がりますからね。 

開閉式なら季節や天気にあわせて 
使い分けることができますよ。 


僕の持っているヘルメットを例にして 
涼しいフルフェイスについて 
お話ししてきました。 

前後に空気用の穴があいていて 
内装に空気の通り道がある。 

開閉操作も簡単にできる。 

こういう基準でフルフェイスを選べば 
安全で涼しい商品を探せますよ。 


ヘルメットもそうですが 
ジャケットなども安全を優先すると 
どうしても暑くなります。 

安全についての考え方は人それぞれ。 

気軽に身軽に乗るのも良いですし 
フル装備で乗るのもありです。 

自分が納得できる装備を選びましょう。 

僕もヘルメットは 
フルフェイスが安心です。 

でも、ジェットも半キャップも使います。 

休日に朝から出かけて 
一日中走るようなときは 
フルフェイスで問題ありません。 

でも、近所に買物に行くときなどは 
簡単な装備で出かける時もあります。 

安全性と快適性。 

なかなか両立できませんが 
できれば両方とも欲しいです。 


両立できる商品は値段が高いのが 
欠点なんですよね。 

僕のジェットや半キャップは 
数千円で買いました。 

フルフェイス二つは数万円です。 

予算の許す範囲で 
涼しいフルフェイスを見つければ 
ツーリングも快適になりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする