スポンサーリンク

右カーブが苦手なバイク乗りはなぜ多い?原因と対策を考える

管理人のヒキです。

今日は右カーブについて
お話をしたいと思います。

バイクで右カーブが苦手という人は
かなり多いのではないでしょうか?

まず結論から言うと
科学的に明確な理由は分ってないです。

それを踏まえて経験則で
理由や対処法を考えてみます。

僕の考えや、聞いた話などで
以下の理由を知っています。

・右利き、左利きの違い
・右脳、左脳の違い
・操作系の問題
・左側通行だから
・心臓が左だから
・自転方向が影響する

正解は分りませんから
そもそも全部違うかもしれません。

僕の考えは経験も含めて
右利き、左利きの違いだと思っています。

正確には右脳、左脳の違いも
含まれていると思います。

右脳は左半身、左脳は右半身に
指令を出すと言われていますから。

この説が一番納得できる理由と
その対処方法を
これからお話ししていきます。

まずは、理由から。

ボード系の乗り物に
乗ったことはないですか?

・スケートボード
・サーフボード
・スノーボード

人によって進行方向に対して
どちらを向くか違いますよね。

右の人が多いようですけど。
僕も右です。

これって誰かに言われたわけではなく
自然にやりますよね。

逆だと違和感があります。

違和感ならまだ良いですが
野球の打席は練習しないと無理です。

これも右打者、左打者は
生まれつきで得意なほうがあります。

練習で克服はできますが
初めて逆の打席に立ったら
ボールに当てることさえ難しいでしょう。

野球のバットに限らず
テニスのラケットなども同じです。

スポーツだけでなく
長い棒状のものを持つときは
使いやすい手の方向があります。

竹ぼうきのように長いほうきも
右手と左手のどちらを上にするかで
使いやすさが違います。

利き手を上にするほうが
使いやすいはずです。

ついでに僕の昔話ですが小学生のころ
自転車でブレーキターンの
まねごとをやっていました。

止まるときに足を着いて軸にして
リアをスライドさせて遊んでいたんです。

やるときはいつも左足を着いて
左回りにスライドしてましたね。

右回りはやったことが無いです。

自転車のころから無意識に
右カーブが苦手だったのでしょう。

Uターンが苦手と言う人は
僕も含めて多いでしょう。

通常は右回りですからね。

苦手な理由は低速で
バランスをとるのが難しいだけでなく
回転方向も関係あると思います。

そう言う意味では
左側通行だからと言うのも
理由の一つになりますね。

右側通行のUターンなら
左回転ですから
多少はやり易いかもしれません。

このようにバイクだけに限らず
右と左で得意なほうがあります。

だから一番の理由は
脳の関係だと思っています。

それとは別に操作系の問題も
多少はあるはずです。

右手はアクセルですよね。

アクセルを開ける方向に手を回すと
ハンドルを押す方向に力がかかります。

セルフステアを邪魔してしまいますから
右コーナーでは曲がりづらくなります。

左カーブの時は
ハンドルを切る方向に力が加わるので
問題なく曲がれるのでしょう。

スポンサーリンク

理由を色々考えてみました。
それが分ったとしてどうしたら良いか。

その対処法です。

と言っても難しいことはありません。
慣れることと基本を忠実に。

結局はこれしかありません。

バイクが曲がらないのは
ライダーが邪魔をするからです。

ハンドルフルロックで
Uターンできないのも
ライダーが邪魔をするせいです。

僕のことですけどね。

行きたいところを見ながら
ニーグリップをしっかりして
腕の力は抜く。

これだけで思った通りに
曲がるはずなんです。

特に前傾姿勢のバイクは
腕に力が入りやすいです。

つい体重を支えてしまいますから。

直線なら腕で支えていると楽ですが
コーナーはそうはいきません。

腹筋、背筋をしっかり使って
体を支えましょう。

腕はそえるだけ。

レースではありませんから
体重移動なんて考えなくても大丈夫です。

リーンウィズで問題ありません。

ニーグリップだけでバイクにしがみつく。
こんなイメージです。

あとは視線にも気をつけてください。
行きたいところを見る。

右カーブならコーナーの出口ですね。

バイクは不思議なもので
見てるところに行こうとします。

もちろん操作しているのは人間ですが。

見ているところに行くように
無意識で動かしています。

一般道ならこれだけで十分曲がれます。

右コーナーが苦手な理由と
対策を考えてきました。

科学的に理由は分っていませんから
いくつか仮説があります。

僕は脳が関係すると思っていますが
正解は分りません。

でも、どんな理由であれ
一般道を走る程度なら
基本を忘れなければ大丈夫です。

ニーグリップをしっかりして
腕の力はぬく。

視線は行きたい方向へ。

どんなことでも基本は大事ですよね。
特にスポーツでは。

バイクだってモータースポーツです。

不安な操作があるのなら
反復練習しかありません。

レーサーだって苦手な方向があるなら
練習で克服するそうです。

ツーリングで山道に行けば
右カーブもたくさんあります。

うっかり道を間違えて
Uターンすることもあると思います。

そんな時に基本動作を意識しながら
コーナーリングをしてみましょう。

少しずつですが
苦手意識はなくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする